お宅の屋根は大丈夫?屋根工事を必要とする状態や工事費用のまとめ

家を守る大事な屋根ですが、傷んではいませんか?屋根が傷むと、雨漏りの原因となってしまったり、家の腐食を進めてしまう原因となってしまったりすることがあります。屋根工事が必要になるのはどのような状態でしょうか?また、屋根工事にかかる費用などをまとめました。

屋根工事とは?

家の屋根は傷んでいないでしょうか?屋根は雨や日差しなどを受け、傷みやすい部分でもあります。しかし屋根が傷んでしまうと、雨漏りや腐食などの原因となってしまうことがあります。屋根工事とは、傷んだ屋根を修理することですが、屋根の状態はなかなか確認しにくいものですね。そのため、定期的にメンテナンスを必要とします。

メンテナンスを定期的にしている場合には、屋根がひどく傷んでしまうことは少ないのですが、メンテナンスをしていない場合は要注意です。もしかすると、屋根の修理が必要になっているかもしれません。

屋根の傷みが気になる方に屋根修理についての情報です

屋根の修理では、補修で済むものもありますが、雨漏りなどで腐食が進んでしまっている場合には、屋根を噴き替える必要が出てきます。そんな屋根の傷みが気になる方に、屋根工事が必要な状態について、またそれにかかる費用、屋根工事の工程や業者選びのポイントなどを、わかりやすくお伝えしていきます。

屋根リフォームが必要な状態とは

まずは、屋根の工事が必要となる状態について確認していきましょう。

屋根材ごとの劣化の状態

屋根材には、瓦やトタン・スレートなどがありますが、それぞれの劣化状態についてみていきましょう。

■瓦屋根
瓦屋根とは、日本家屋の代表となる屋根材ですね。重いため地震に弱いというデメリットがありますが、耐久性には優れています。耐久性については、30年程度は持つと言われていますが、瓦がずれている、または割れている、塗料がはがれていたり瓦の色が変色していたりする状態の場合には、劣化が考えられますので補修が必要となります。

■トタン屋根
金属製の屋根材で、耐久性については10年程度と言われています。トタン屋根の劣化についてはわかりやすく、錆びていたりくぎが抜けていたりする、またトタンが浮いていたり塗料がはがれている、さらに雨の時の金属音が激しくなっているなどの状態の場合には、劣化していると考えられます。

■スレート屋根
スレート屋根とは、平らな屋根材で安価あり瓦と比べて軽いのが特徴です。耐久性は20年程度ありますが、屋根の塗料が剥げていたり、コケやカビが生えていたりする、またひび割れているなどになっていると劣化が考えられるでしょう。

屋根リフォームを考える目安

先にも記述しましたが、このような状態が見られる場合には、屋根のリフォームを考えなければなりません。しかし、屋根の劣化はなかなかわかりにくいものですので、屋根材によって10年~20年ごとなど、定期的に点検をした方が良いでしょう。もし、ひび割れやはがれ、また変色などの状態が見られる場合には、屋根リフォームを検討する時期になっていると考えてください。

屋根の状態と種類による工事の違い

屋根工事については、その状態や屋根の種類によって異なり、塗装工事と※葺き替え工事の2通りがあります。※ふきかえ

屋根の塗装工事

屋根の塗装工事ができる屋根材は、トタンやスレートになりますが、塗装が必要となるのは、トタンの場合5年程度、スレートの場合には10年程度になります。塗料が劣化してくると、まず見栄えが良くありませんね。また、早めに塗装工事をすることで、屋根自体の劣化を防ぐことができます。

塗料については、トタン・スレートそれぞれに合うものを塗る必要があります。屋根の塗装をすることで、錆びの発生を抑える、防水性が高くなる、屋根材の保護ができるなどのメリットがあります。ちなみに、瓦屋根の場合には、塗装工事はできません。

屋根の葺き替え工事

屋根材自体が劣化してしまった状態になると、塗装工事での補修では難しくなりますので、屋根材の葺き替え工事が必要となります。屋根材の葺き替えをする際には、下地についてもチェックをして、下地まで傷んでいるのであれば、野地板の取り換えも必要になるでしょう。この際に、瓦屋根を地震にも強いスレート屋根などに葺き替えても良いと思います。

屋根葺き替え工事の工程

屋根工事をするためには、まず足場を組んで安全に工事ができるよう準備をします。その後、古い屋根材をはがしていきます。はがした後に下地などまで傷んでいる場合には、下地や野地板の施工が必要となります。

下地と野地板の施工

屋根の下地については、材木を使って屋根の最長部から軒下へとかけていきます。下地をしっかりと施工してから、下地に野地板を貼っていきます。野地板は、この上に屋根材を乗せていくための下地材となりますので、しっかりしたものを使用します。スレート屋根材の場合には、9mm~12mmのものが使用されるそうです。

下葺き材(防水シート)の施工

野地板を貼り終えたら、下噴き材として防水シートなどを敷いていきます。屋根からの雨漏りや家を傷ませてしまう原因となってしまうので、壁際まで丁寧に設置していきます。雨などが降った場合には防水がされていない屋根では雨漏りをしてしまいますので、この下噴き材の施工までを1日で終わらせることが大切となります。

瓦やストレート材の設置

野地板をはり下噴き材までの施工が終わったら、ようやく屋根材を設置していきます。瓦屋根・スレート屋根ともに、防水シートの上からそれぞれを設置しながら固定していきます。この時に、屋根材はしっかりと重ねながら丁寧に設置をします。

気になる費用はどれくらい?

やはり、気になるのは屋根工事にかかる費用になるでしょう。屋根工事にはいくらぐらいの予算を準備すればいいのか、費用の相場についてみていきましょう。

足場代の費用単価

屋根工事をするときには、必ず足場を組みます。高所の作業をするにあたって、足場はとても重要な役目を果たします。この足場の費用が結構かかり、費用の単価としては1㎡あたり600円~1,500円となります。全体でかかる費用については、家屋の大きさにもよりますので、大きければ高額になってしまいますね。

塗装工事の相場

屋根の塗装工事については、費用総額として足場代も含み35万円~120万円となっています。かかる施工日数については、3~5日が目安となります。相場としては大きな開きがありますが、屋根の塗装が必要な面積や、塗装材の種類によっても費用が異なるため、その家ごとに費用が大きく異なるということになります。

屋根材葺き替え工事の相場

では、屋根材の葺き替え工事についてはどうでしょうか?費用の総額として足場代も含み50万円~270万円となっています。かかる施工日数については、4日~7日が目安となります。こちらもやはり相場としては大きな開きがあります。同じように、屋根の面積に伴って屋根材の必要枚数も異なりますし、屋根材の種類によっても異なってくるためです。

そして、下地や野地板、防水シートなどの施工が必要となりますので、塗装と比べると金額も高くなりますね。

火災保険で屋根工事ができる?

屋根工事費用については、その家ごとに異なりますので大きな開きがありますが、いずれにしてもまとまった費用が必要になることは間違いありません。しかし、屋根が傷んだ原因によっては火災保険で直すこともできるようです。

火災保険が適用となる条件としては、自然災害によるものです。例えば、台風や竜巻・突風などの強風によって屋根がはがれた場合や、豪雨や水害・大雪・雹・落電などによって屋根が破損した場合が該当となるようです。これは、火災保険の「風災補償」ということにあたるためです。風災による屋根への被害があった場合には、火災保険で屋根が修理可能となるわけですね。

しかし、年数が経ったことによる劣化や地震による被害、また人的な被害については適用されないため注意しましょう。もし、風災によって屋根に被害を受けた場合には、火災保険の保険会社へ一度確認してみると良いでしょう。

業者選びのポイント

屋根工事の費用は、思った以上にかかることがわかりましたね。そのため、屋根工事を依頼する業者は、信頼できる業者を選ぶことがとても大切です。では、業者選びのポイントについて確認していきましょう。

注意が必要な業者の特徴

まずは、営業の対応についてです。きちんとした会社の営業は、丁寧な対応をします。施工内容について詳しく説明してもらえますし、質問にきちんと答えてくれるでしょう。この時点で雑な対応をしたり、質問に答えられなかったりする場合には注意が必要になります。

また、屋根工事の費用が安すぎる場合も注意が必要です。料金のアピールばかりして売る業者は、施工に対して自信がないのかもしれません。なぜ安いのかその理由を確認してみましょう。さらに、施工をせかすような業者も要注意です。契約は、決してその場でしないようにすることが大切です。

安心して依頼できる業者とは?

安心して依頼できる業者を選ぶポイントは、対応が丁寧であることです。施工内容や費用についてきちんと説明があること、また質問にしっかりと答えてくれることは基本中の基本です。その他には、やはり経験が豊富な業者へ依頼するのがおすすめです。

会社のHPなどがある場合には、どのような施工事例があるのか確認してみるのも良いと思います。また、聞いてみると良いですね。経験が豊富であれば、見積もりの時点でどのような工事が必要なのかしっかりと点検をしてもらえるでしょう。工事途中に追加工事が必要になったりすると、予算がオーバーしてしまう可能性があり、困ってしまいますね。

見積もりは複数社でとること

こうした業者を2~3社に絞り込んで、見積もりを取りましょう。1社のみの見積もりでは、それが高いのか安いのか判断が付きませんね。見積もりを取って、きちんと説明を受けることが大切です。気になることはこの時点で確認をしましょう。

極端に安い金額を提示してくる場合は、要注意でしたね。また、その場で契約をするよう求めてくる業者も危険です。業者へは、相見積もりをしていることを伝えておくと良いでしょう。そして、時間をかけて検討をし、十分納得したうえで契約をすることが大切です。

アフターフォローや保証も確認

もうひとつ大切なのは、アフターフォローや保証などのことです。屋根工事が終わったらそれで終わりというわけにはいきませんね。何か不具合があった場合に、どのような対処をしてもらえるのか、事前にきちんと確認しておくことがとても重要です。

どんなアフターフォローをしてもらえるのか、その保証期間など、しっかりと確認をしておきましょう。

屋根塗装まとめ

屋根には寿命があります。定期的なメンテナンスをしないと、雨漏りや湿気による腐食などの原因になることがあります。屋根材の種類ごとにその寿命は異なりますので、定期的な点検やメンテナンスを行うようにしましょう。

また、屋根が劣化している場合には、トタンやスレート材の場合には、塗装で修理することが可能です。しかしそれ以上に劣化が進んでしまった場合には、屋根の葺き替えがおすすめになります。費用については、その屋根の状態や、屋根の広さなどによって大きく異なりますので、点検や見積もりをしてもらうと太陽光発電も良いでしょう。

屋根工事を依頼する業者については、豊富な経験を持つ会社を選ぶようにしましょう。また、対応がしっかりしていることも重要なポイントです。屋根工事の訪問営業では、悪徳な業者も多いものです。明らかに安い金額を提示してくる、契約を急ぐような業者は要注意です。契約は時間をかけて説明を受け、納得をしたうえで行うようにしましょう。
太陽光発電メリット・デメリット

屋根は、日差しや雨から家を守る大切な役割を持っている部分です。劣化がひどくならないよう、定期的なメンテナンスを行い、屋根の劣化をまず防ぐことを考えていきましょう